ブローリープレミアムラガーの味わいレビュー/運転前や授乳中に飲める?

オーツカ

オーストラリア産のビールテイスト飲料である、「ブローリー プレミアムラガー」。

低アルコールビールテイスト飲料のため、他のノンアルコールビールテイスト飲料と比べてもかなりビールに近い味わいを楽しめます。

今回は、ブローリープレミアムラガーを実際に飲みその味わいをレビューをしていきたいと思います。

成分や原材料、プリン体などの情報、さらには妊娠中や授乳中、運転前に飲んでも大丈夫なのかどうかという話題にも触れていきたいと思います。

これまでの経験から、おいしいノンアルコールビールをまとめてみました!

ブローリープレミアムラガーの分類と栄養成分

ブローリープレミアムラガーは、オーストラリア生まれのビールテイスト飲料。

ちょっと珍しい355ml缶での販売になっています。

まずは、基本栄養成分や原材料などの基本情報からご紹介していきます。

ビールの分類と栄養成分

日本の法律では、アルコール分1%未満であれば「ノンアルコール飲料」として分類されます。
しかし、0.05~1%のものは「低アルコール飲料」といわれており、0.05%以下のものは「アルコール0.00%」と表示できるようです。

現在「ノンアルコール飲料」として発売されているもののほとんどは、「アルコール0.00%」と表示できる、アルコール分が0.05%以下のもの。
というのも、酒類の広告審査委員会の自主規制では、このように定められているからです。

ノンアルコール飲料とは、アルコール度数0.00%で、味わいが酒類に類似しており、20 歳 以上の者の飲用を想定・推奨しているものとする。
(引用:酒類の広告審査委員会 http://www.rcaa.jp/standard/)

ブローリープレミアムラガーのアルコール分は、0.9%。
法律内の1%以内ではあるものの、「低アルコール飲料」に分類されます。

そのため、妊娠中や授乳中、運転を控えている人が飲むのには適していませんので、注意が必要です!
体の健康のためにアルコールを控えたい人の軽い休肝日として、平日や朝の早い日の前日などにおすすめです。

基本栄養成分

ブローリープレミアムラガーの基本栄養成分は、以下の通りです。

(100mlあたり)
エネルギー:15kcal
たんぱく質:0.1g
脂質:0g
糖質:2.5g
食物繊維:0g
ナトリウム:1~8mg
プリン体:1mg未満

原材料

ブローリープレミアムラガーの原材料は、以下の通りです。

(100mlあたり)
麦芽・しょ糖・ホップ・大麦

オーツカ

他のノンアルコールビールテイスト飲料と比べると、シンプルな原材料ですね。
しょ糖は別名でスクロースとも呼ばれているもので、人工甘味料の一つです。

ブローリープレミアムラガーのお味は?

続いてブローリープレミアムラガーの味わいをレビューしていきます。

ブローリープレミアムラガーの味わいと評価評判

ブローリープレミアムラガーの味わい
香り
(2.0)
苦み
(3.5)
酸味
(3.0)
甘み
(2.0)
キレ
(3.0)
コク(ボディ)
(5.0)

オーツカ

さすがに低アルコール飲料なだけある。

完全なノンアルコールビールよりも喉への刺激(キック)があり、フィニッシュの鼻抜けにはホップが香ります。

ボディをしっかりと感じる味わいで、時間が経過しても味がブレない。

ただのアルコール飲料じゃん!といえばそれまでなのだが、わずか1%以下のアルコール度数でこの味わいを出せるのは驚きだ!

\価格をチェック!/

ブローリープレミアムラガーを飲んで運転すると飲酒運転になるのか

ブローリープレミアムラガーと飲酒運転

海外メーカーであるブローリーは0.9%のアルコールを含んでいます。

微量とはいえ低アルコール飲料に分類されているので飲酒運転になってしまうのかどうか心配な方もいることでしょう。

ちょっと調べてみました。

酒気帯び運転とされるアルコール量は「アルコール血中脳が0.03%以上」と定義されています。

これは体重60kgの男性を例にして考えると、アルコール度数0.9%の飲料を350ml飲んだ程度では、酒気帯び運転にはなりません。

しかし、1.5リットル(約4本)のブローリーを飲んでしまうと酒気帯び運転の基準値に入ってきます。

なのでブローリープレミアムラガーを大量に飲むと飲酒運転になる危険性があります。

一般の方は一度に1.5リットルも飲まないとは思いますが、ビール好きはいけちゃう量です!おいしいのでお気をつけあれ。

妊娠中・授乳中にブローリープレミアムラガーを飲んでも大丈夫?

妊娠中でもノンアルコールビールは飲めるのか?

続いて妊婦の方や、まだ小さいお子様がいて授乳している方への影響について。

いくら低アルコールといっても少量のアルコールが入っているのでブローリープレミアムラガーを妊娠中に飲むことはおすすめしません。

日本製のノンアルビールは0.0%表記のものがほとんどなので果実に含まれているアルコール量と同程度なので基本的に飲んでも問題ありません。

授乳中もデリケートな時期なので基本は避けましょう。

仮に飲むとしても次の授乳までに時間がある場合に、1缶だけなど少量に。授乳までには体内から完全にアルコールが抜ける状態を作ってください。

アルコール分解能力には個人差があります。医師に相談することをおすすめします。

オーツカ

ローアルコールというだけあって、かなりビールに近いです。

カロリーも少なく低プリン体。

休肝日にはもってこいだと思いました。

\価格をチェック!/

 

少しでもおいしく飲むために!

ノンアルコールビールにおすすめのグラス

ノンアルコールビールをおいしく飲むのであれば缶から直接はNG!

ビール専用グラスを使うことを強くおすすめします!

味わいも奥行きもグッと変わってくるので「ちょっといい」グラスに投資をしましょう!

僕が使っているのはシュピゲラウの<クラフトビールグラス>バレルエイジドビールです。

いわゆるチューリップグラスで、泡を固めて盛り上げ、外に開いた口が香りやフレーバーを最大限に引き出してくれます。

ノンアルビールを飲む時は「ヴァイツェングラス」や「ラガーグラス」もおすすめです。

おいしいノンアルコールビールをまとめた記事もあります!